天然水のウォーターサーバーとそうではないもの

ウォーターサーバーというと、天然水を飲むことができるものだというイメージを持つ人が多いようですが、そうではないものもあります。

その一つがRO水です。

ROとは逆浸透膜法という方法で作られた人工的な水を指します。浸透膜というのは、わかりやすく言うと非常に細かい穴の開いた膜です。

細胞膜と同じくらいの膜で、これは水しか通しません。
いろいろなものが混ざった水から純粋な水だけを取り出すことができるのが逆浸透膜法の優れたところで、それによって作られた水をRO水と呼びます。

逆浸透膜の技術は非常に優れたもので、ミネラルなどを除去した水を作ることができます。
ですから、安全性は非常に高いと考えられます。

バクテリアや菌類などが混入することは考えにくいです。



最近ではRO水を用いているウォーターサーバーも多くあります。


安全な水を飲みたいという人にとっては正しい選択肢だと言えるでしょう。

ただ、純粋な水ですから、味の面で天然水に劣ると考えられます。適度なミネラルが含まれている天然水のほうが美味しいですし、料理とも合います。



また、健康に有効なミネラルが含まれていると言われているものもありますが、RO水にはこれらのメリットはありません。



安全性を求めるのであればRO水が良いのですが、美味しさも求めようと思うのであれば、天然水のウォーターサーバーを選んだほうが良いでしょう。

天然水だからといって危険だというわけではなく、安全性は十分に確保されています。